自分でできる尿漏れ対策法はありますか?


今日から始める尿漏れ対策

尿漏れ対策は、ある程度自分で行う事ができます。尿漏れの原因のページでもいろいろとご紹介した項目をチェックしていけば、自然と対策方法も見えてきますよね?日頃の生活で気をつけたい、尿漏れ対策となるチェックをご紹介します。

 

自分でできる尿漏れ対策

肥満を防ぐ

皮下脂肪がたくさんついてしまうと、腹圧性尿失禁を起こしやすくなります。尿漏れで悩んでいるあなた。ご自分の体重をちょっと見なおしてみませんか?

 

水分はしっかり取る!

尿漏れを心配して水分をあまり取らなくなる方もいらっしゃいますが、これは体に良くありません。水分が少ないと血液もドロドロになりやすいですし、何より排尿がうまくできなくなってしまいます。尿を出すということは、体内の老廃物を排出する機能があるので、きちんと水分は摂取しましょうね。

 

便秘を防ぐ

便秘になってしまうと、腸にたまった便が膀胱を圧迫してしまいます。また骨盤低筋を弱めてしまうので、食事と運動で便秘解消する事も、尿漏れの対策になるんです。

尿漏れを防ぐ簡単な体操

腹圧性の尿漏れの場合、骨盤低筋の緩みが大きな原因となっている場合がほとんどです。そのため、この筋肉を鍛えることで尿漏れ対策になります。

 

聞いた事のない筋肉なので、どうやって鍛えればいいの??という方もいらっしゃると思いますが、本当に簡単なのでぜひ実践してみてください。

 

以下の運動を気長に2〜3か月ほど続けていけば、骨盤低筋が鍛えられます。腹圧性の尿漏れの場合は、かなりの症状改善が見られると思います。すぐに効果が表れるものではありませんが、どこでも簡単にできるので続けてみてくださいね☆

■座った状態で
椅子にリラックスした感じで座ります。背筋を伸ばして足を肩幅ぐらいに開きます。
そして肛門・膣をギュッと力を入れて閉めます。
これを目安としては5秒間続けて、休んでを繰り返します。

 

■寝た状態で
仰向けに寝た状態で、膝を軽く起こします。膝が山の形になる感じです。
そしてこれも、肛門・膣をギュッと力を入れて閉めます。