男性の尿漏れの原因は何ですか?


男性の尿漏れはなぜ起こる?

男性でも尿漏れに悩んでいらっしゃる方は多いようですね。トイレで用を足した後に、ちょろっと出てしまいパンツを濡らしてしまう・・・。濡れたパンツを履いているのってかなり気持ちが悪いですよね。

 

男性の尿漏れって聞くと、中高年の男性をイメージしますが意外と若い方でも悩んでいる方はいらっしゃるんですよね。10代や20代でも悩んでいるという声を聞いた事もあります。ここでは、若い方と中高年男性向けの尿漏れ情報を紹介していきますね☆

 

若い方向けの尿漏れ情報

若い方でも尿漏れに悩んでいる方は、結構いらっしゃるみたいです。前立腺肥大という病気が尿漏れにも関係しているケースがありますが、若い方はあまり関係ないかもしれませんね。

 

ただ必ずしも前立腺肥大は中高年にしか起こらないとも限らないので、あまりにも尿漏れの回数が多い方や症状が深刻な方は、泌尿器科を受診するといいと思いますよ。

 

でも若い方なら尿漏れに効果のある筋肉を鍛えることで、自然と治っていく場合も多いです。括約筋という筋肉を知っていますか?

 

肛門の周辺にある筋肉なんですが、これを鍛える事で尿のキレが良くなって、尿漏れが解消されるケースも多いです。詳しくは「尿漏れの自己対策」のページを参照して下さいね☆

 

中高年向けの尿漏れ情報

この年代になってくると、どうしても前立腺肥大との関係性を疑いますよね。ただ全てのケースが、前立腺と関係している訳ではありません。

 

加齢と共に、どうしても体の筋肉や機能が低下してしまいます。これは尿に大きく関係する腎臓や膀胱にも言えることです。膀胱に溜められる尿の量も、実は加齢と共に少なくなっていくんです。

 

加えて全身の筋肉も低下していくので、どうしても若い頃と比べると尿のキレが悪くなってしまいます。そういった加齢が原因となって尿漏れを引き起こすケースも多いです。そのような場合は、「尿漏れの自己対策」を行って症状が改善する方もいらっしゃいます。

 

尿が出るのに時間がかかる、尿が途中で何度も途切れる、といった症状を感じている方で尿漏れに悩んでいる場合は、泌尿器科を受診する事をお勧めします。こういった症状の場合は、前立腺が関係しているケースがとても多いです。

 

40代以降になると、前立腺肥大を起こす確率が高くなります。「尿漏れの自己対策」を2〜3か月行っても何も改善されない場合は、泌尿器科を訪れてみるといいですよ。