産後の尿漏れで絶対NGなことって?


産後の尿漏れでNGなこと?

産後に尿漏れを経験している女性は、実に50%以上というデータがあります。可愛い赤ちゃんを産んで、新しい生活がスタート!という時に尿漏れに悩まされる・・・。実はあなただけではないんですね。

 

出産をすると骨盤が開いて、骨盤低筋という排尿をコントロールする筋肉がとても弱くなってしまいます。これは出産には欠かせない副作用ともいえるもので、これが尿漏れに繋がってしまいます。ではそんな産後の尿漏れの対策方と注意点を見ていきましょうね♪

 

産後の尿漏れ対策でこれはNG!

出産で緩んでしまった骨盤を治すために、今は色々な道具が販売されています。ガードルとか締め付けの強い下着とか。でも出産後直ぐに骨盤を元に戻したいからと言って、それらを使うのは絶対にダメです!

 

出産してから2か月ぐらいは、骨盤が緩んだ状態になっています。それから徐々に、自然と戻っていきます。その時に急な力を骨盤にかけると・・・。

 

骨盤の緩みが治るどころか、さらに酷くなったり元に戻らなくなってしまう事もあります。そして無理に掛けられた圧力は、骨盤を押し下げて、骨盤低筋を緩めてしまうんですね。

 

すると尿漏れが治るどころか、益々症状が悪化してしまう危険性があります。産後の尿漏れに関して悩んでいるなら、ちゃんと産婦人科の先生に相談する事が大切です。

 

産後に自分でできる尿漏れ対策

産後の尿漏れの改善方法としては、骨盤低筋のトレーニングが一番効果的です。その骨盤低筋がどこにあるのか分からない・・・。という方もいらっしゃると思います。子宮や膀胱を支えている筋肉で、妊娠中は赤ちゃんを支えている筋肉です。

 

おしっこをしている時に、ギュッと力を入れて途中で止めてみて下さい。この時に思ったところでおしっこを止められない場合は、骨盤低筋が緩んでいます。毎回トイレに行ったら、このギュッと止める動作を繰り返すだけでもトレーニングになります。

 

母乳で赤ちゃんを育てている場合には、薬での尿漏れ治療が行えません。そのために、このトレーニングが最も安全で効果的です。

 

しかし急に効果が表れるというものではありませんので、根気よく続けてくださいね。他にも自分で簡単にできる尿漏れ対策法も紹介していますので、尿漏れ対策のページを参考にしてみて下さいね☆