女性は尿漏れしやすいのは本当ですか?


女性は尿漏れを起こしやすい!?

尿漏れに悩んでいる女性は、男性以上に多いです。女性にとって尿漏れって、身近な悩みの一つなんですね。40代以上の女性になると、実に30%以上もの人が尿漏れを経験しているというデータまであります。

 

女性が尿漏れに悩むのって、実は当然の事だったりするんです。男性と女性のからだの構造が決定的に違うのが大きな要因なんですね。

 

尿漏れしやすい体の構造?

尿道の長さが女性は短い。って聞いた事ありませんか?男性が一般的に15センチ〜20センチであるのに対して、女性は4センチ〜5センチ程度なんです。こんなにも長さが違うなんて知ってましたか?

 

そしてこの尿道が膀胱からどうやって通っているのかご存じですか?男性の場合は、Sの字に曲がっているのに対して、女性の場合は、膀胱から真っ直ぐにストンと尿道口まで通っているんです。

 

こういう事から、女性は男性に比べて尿を出しやすい構造になっているんですね。そしてこのような構造上の違いに加えて、女性が尿漏れを起こしやすい原因があるんです・・・。

 

尿漏れと筋肉の関係

排尿と大きく関係のある筋肉として、尿道括約筋というものがあります。これが緩むとおしっこが出て、逆におしっこを我慢する時には、この筋肉が締まります。

 

この筋肉が弱くなってしまうと、中々排尿をコントロールすることが難しくなってしまいます。困った事にこの尿道括約筋は加齢によって、どんどんと弱くなってしまいます。また出産を経験する事でも、この筋肉が低下してしまうんですね。

 

一般的に女性は元々筋肉量が少なく、力も男性に比べて弱いので、どうしても尿漏れ等の尿トラブルを起こしやすくなってしまうんです。

 

「尿漏れ防止の自己対策」を実践することで、この筋肉を鍛える事ができるので、こういった日頃からの予防法を実践する事も重要ですね。

 

最も多い腹圧性尿失禁

尿漏れに悩む女性の中で、最も多いのが「腹圧性尿失禁」という種類です。力んだ時にちょろっと出てしまう。くしゃみをした時にじょろっと出てしまう。こういった場合は、ほとんどがこの種類です。

 

これは上記の尿道括約筋や骨盤低筋群が弱くなるのが原因です。女性はこの筋肉が緩みやすくなっているので、どうしてもこの腹圧性尿失禁になる確率が高いんです。

 

加齢や出産によってこの筋肉が弱くなりますが、女性は出産の為に生まれつき元々この筋肉が弱く作られているんですね。ん〜、女性しか出産ができない事を考えると、生まれた時から男性よりも尿漏れに悩みやすい運命を背負ってしまってるんですね〜(笑)