夜間頻尿ってなんですか?


夜間頻尿に迫る!

夜間頻尿という病気を正しく理解していますか?夜中に何度もトイレに起きるので、中々朝まで熟睡できない。

 

夜間頻尿でお悩みの方は、快眠を妨げられるストレスも抱えていますよね。ここではそんな夜間頻尿について原因や対策を見ていきましょう。

 

夜間頻尿の原因は?

夜間頻尿の原因は、以下のような要因が考えられます。

前立腺肥大

前立腺肥大の初期症状に見られる尿トラブルの一つとして現れる事があります。

 

加齢による膀胱機能の低下

加齢によって、膀胱に溜め込める尿の量が減少する為に、夜間頻尿になる。

 

夜間の水分摂取(アルコールやカフェイン類)

寝る前のアルコールは脳を麻痺させて、排尿を正常にコントロールできなくなります。また、利尿作用のあるカフェインを摂取すると、入眠後におしっこをしたくなってしまいます。

 

糖尿病

糖尿病の患者さんは、喉が渇きやすい為に、多量に水分を摂取する傾向があります。

 

ホルモンの影響

通常は昼間に働いている、排尿に関係のあるホルモンが夜間に活発に働いてしまうと夜間頻尿に悩まされます。

 

過活動膀胱

通常よりも少ない尿量でも、膀胱が過敏に収縮を起こしてしまい、おしっこが我慢できなくなってしまう病気です。

 

ざっと挙げただけでも、夜間頻尿の原因はこれだけの要因が挙げられます。他にも色々と原因はありますが、多く見られるものを紹介しました。

 

夜間頻尿の治療法は?

夜間頻尿の治療法は、その原因によっても様々です。原因によってアプローチする方法が違うのは当然ですね。ざっと治療法を挙げると以下のようなものです。

 

水分摂取の制限

最も単純な方法です。就寝前のアルコール類、カフェイン類(紅茶、コーヒー、緑茶など)の摂取を制限します。

 

利尿剤の服用

寝るまでに利尿剤によって、膀胱に溜まっている尿を排出します。専門医の指導が必要です。

 

薬物治療

過活動膀胱が原因の場合には、抗コリン薬という薬によって、治療に当たります。過敏な膀胱活動を抑制することで、夜間頻尿を抑えます。

 

手術治療

前立腺肥大が夜間頻尿の原因となっている場合には、有効な手段です。

 

※夜間頻尿の治療方法は、様々ありますが、必ず泌尿器科専門医の指導の元で行ってください。