神経性頻尿って何ですか?


神経性頻尿に迫る!

神経性頻尿とは、一体どのような病気なのでしょうか?ここでは神経性頻尿の症状や原因、治療法について見ていきましょう。

 

神経性頻尿の症状とは?

神経性頻尿は、恐らく誰もが今までで一度は経験した事があると思います。最も身近な例を挙げてみましょう。

 

・仕事やテストで緊張してトイレに行きたくなる。
・本屋さんで立ち読みをしていると何故かトイレに行きたくなる。

 

いかがですか?こんな経験をした事がある方が大半ではないでしょうか?これらは神経性頻尿の症状の一種です。

 

トイレに行けない状況になると、それが精神的な不安やストレスになって、余計にトイレに行きたくなってしまうのです。一時的な症状なら問題はありませんが、これが続くようになると神経性頻尿となります。

 

・就寝中にトイレに起きることは無い
・何かに熱中している時には症状が現れない
というように、通常の頻尿とは違った特徴を持っています。

 

神経性頻尿の原因は?

神経性頻尿の原因は、精神的な不安やストレスが挙げられます。トイレに行かなくて大丈夫かな?もしトイレに行きたくなったらどうしよう?

 

このような事を必要以上に考えてしまうことで、頻尿の症状が現れてしまいます。気にしないのが一番の対策であると言えますが、中々難しいですよね。

 

通常の頻尿は、膀胱に何かしらの疾病があるなど、検査をする事で数値として原因が分かります。しかし神経性頻尿の場合には、体の機能が原因ではなく、精神的なものに起因しているんです。

 

神経性頻尿の治療法は?

神経性頻尿の治療には、大きく分けて2種類あります。

 

1.泌尿器科での治療

尿トラブルの場合には「泌尿器科」を受診するのが一般的です。ここで膀胱の過剰な活動を抑える「抗コリン薬」を処方してもらい、薬での治療を行います。

 

2.心療内科での治療
精神的な頻尿の為に、心の問題を取り除く事にフォーカスを当てた治療を行います。「抗不安薬」を処方してもらい、精神的なケアを行い神経性頻尿の解決を目指します。